自臭症とは?

トップページ > 自臭症とは?

自臭症とは?

自臭症について考えてみましょうか。近年になって自臭症というような病気の名前を聞くようになりました。
しかし、この自臭症というのはいったいどういった病気になるのでしょうか。最近になって増えているという精神的な病気ということがこの自臭症になります。日本人というのはあまりにも清潔志向が強すぎるといったことがこの自臭症の原因のひとつかもしれないといわれているのです。

 

では、自臭症というのはどういう症状があるのかと言いますと、あるときにちょっとした仕草の中から、あるいはふとしたときに感じてしまった自分の臭いから自分の体臭といったものが気になり始めてしまうといったことがきっかけであるとされています。そうした自分の体臭が酷いというようにどんどん思い込んでしまうのが自臭症といわれるものなのです。

 

実際には体臭というのはないというのにもかかわらず、自分は臭いのだというように思い込んでしまうのが自臭症なのです。こうしたことはいちど気になりはじめてしまうことで、そのことで常に頭の中がみたされてしまうようになります。そうしたことで他人の些細の行動や言葉などからどんどんと自分を追い詰めていってしまうことがあるのです。

 

そのために仕事が手につかないようになってしまったりして、気持ちが重くなってしまいます。そうすると日常の生活にまでやがては支障をきたすようになってしまって、ついには対人関係を避けるようになってしまうのです。というのにどんどんとその症状というのは進んでいってしまうものなので周囲の人たちは注意しておくといいですね。

 

これは精神的な問題ということになりますので、一般的には心療内科や精神科での治療といったことが必要となってくるのです。そうした診療科目によってカウンセリングや薬物治療といったものなどが行われることになるでしょう。ですので、自分ひとりでそのようなことに思い悩んでいるといったようなときには抱え込んでしまわずに、いちどはそうしたクリニックなどに足を運んでみるのもいいといえます。