体臭サプリメントランキング徹底比較

体臭サプリメントランキング!

 

わきがの体臭対策

 

ワキガを予防するために、清潔にすることは欠かせません。どんなに疲れていても、お風呂に入らないで済ませてしまうことは避けましょう。

 

汗をかいていないように思えても、人間は日常生活だけで自然に汗をかいています。その汗が雑菌などと混ざり合って、季節を問わずにワキガを生んでしまうのです。

 

毎日のお風呂やシャワーを普通に行っていても臭いが気になるなら、薬用の石鹸やミョウバン入り石鹸などを使って雑菌をなくしましょう。洗い過ぎて必要な菌まで殺してしまうのは問題ですが、雑菌が繁殖してしまうのは危険です。

 

ワキガ体質の人は、通常よりワキの下に汗をかきやすいという特徴があります。汗をこまめに拭き取るだけでも、ワキガ対策には有効です。

 

巷で人気の汗ふきシートも、大いに活用するとよいでしょう。

 

最近では女性用ばかりでなく、男性用も出ていますから、男性でも恥ずかしくないでしょう。ワキの下専用の消臭スプレーやスティックタイプの制汗グッズでは、持続効果を求めるならスティックタイプのものをおすすめします。

 

ワキガを含めた体臭全般を防ぐのに、食生活の改善も役立ちます。脂肪分を多くとると皮脂が多く含まれる汗をかきやすくなるため、体臭も悪化してしまいます。なるべく油分を控えめにした食事をとって、栄養バランスのとれた食生活を送るようにしてください。

 

ワキガは体質ですからある程度はどうしようもないのですが、皮膚科などで薬を処方してもらうことも可能です。まずは、清潔を心がけて、汗をかいたときには放っておかないということから始めてみましょう。

 

わきがは夏場に酷くなる

 

特に夏場に気になる体臭に、ワキガがあります。ワキガは、汗臭いというのとはまた微妙に違った体臭です。ワキガも他の体臭と同じように汗が皮脂や雑菌と混ざり合って発散する臭いなのですが、ワキの下という部位の特質上臭いがきつくなりやすいのかもしれません。

 

日本人では、ワキガ体質の人が10〜20人に1人程度いるといわれます。ワキガは、アポクリン腺が多かったり大きかったりすることが原因の体質です。

 

夏場の汗臭いのと、ワキガの臭いには違いがあり、ただ汗臭いだけでワキガだと思わないように気をつけましょう。アポクリン腺は、ワキの下以外にもおへその周りや外耳道、外陰部などにもあります。アポクリン腺から出る汗には鉄分や脂肪、尿素、アンモニアなどが含まれ、もともと良い臭いがしません。
それが空気に触れて酸化すると、さらに悪い臭いとなってしまうのです。

 

ワキガは遺伝するといわれていますが、両親ともにワキガ体質の場合はかなり遺伝してしまう確率が高いそうです。自分がワキガ体質かどうか見分けるポイントとして、耳垢が湿っている、ワキの下に粘り気のある汗をかきやすい、ワキ毛が一つの毛穴から数本生えているなどがあります。

 

もしもワキガ体質だと気付いたとしても、あきらめずに予防やケアを行うようにしてください。最近では、ワキガの外科的手術などもよく行われています。ワキガを解消する方法はたくさんありますから、あきらめて放置してますます悪化させるようなことは避けてください。

更新履歴